生前整理

身辺整理の定義と方法

投稿日:

身辺整理は自分のため!残していく家族のため!

自分の持っている財産や預貯金、もしくは家の押入れなどにしまってある不用品などを整理。家族に負担がかからないような身辺整理について具体的な方法を説明します。

生前整理

これまでの人生をすっきりさせたい!

最近では核家族などや夫婦2人、独居などといった家族の単位が小さい家庭が多くなっています。

それに伴って家族に負担がかからないように身辺整理をしていくことが本来の身辺整理のあり方だと言えるでしょう。

似たような言葉に生前整理がありますが、この2つの言葉は似ているようで大きく異なる部分があります。

どちらも自分の持っている財産や預貯金、もしくは家の押入れなどにしまってある不用品などを整理していくなり処分するなりしていくことを指しています。

しかし身辺整理という言葉には、これまでの人間関係を広い視点で見直して整理し、心にわだかまっていた過去の出来事などについて今一度しっかりと考えを巡らせてみるといった意味合いも含まれているのです。

参考サイト:まずは無料見積をお願いしてみよう!

これまで何となく見過ごしてきた気持ちをゆっくりと思い返して整理し直すことや、現在の人間関係をシンプルにすることを目指すのも身辺整理と呼びます。

そのため身辺整理は生前整理と比較すると、より広義の意味合いを含んでいる言葉になるとも言えるでしょう。

これまでの人生を片付けて記録してみよう!

身辺整理を行っていくにあたりまず最初にしていくことは、財産整理でしょう。所持している不動産などや趣味の品物のリストを作り、処分できるものは処分し、その他は何をどうするのかをはっきりさせます。

それが終わったならば、今度は自宅に保有している不用品を整理したり処分していく作業に取り掛かるのです。

参考サイト:財産に関するものはどう取り扱えばいいの?

これまでの人生における思い出の品物を整理していくという作業になるため、これは考えているよりも時間と手間のかかる一大作業に取り組むことになるのでしょう。

他人にとってはただの「モノ」に過ぎなくても、その人の人生を彩るいくつもの思い出の品々は扱いが難しいのです。

見知らぬ誰かに使ってもらうことを願って使える品物をリサイクルショップに持ち込んだり、昔の衣服などのかさばる物はデジカメで撮影してデータに落とし込んでから処分する方法をお勧めします。

こうして整理した品物を、まとめてノートに記録していきましょう。何をどうしたのか自分の死後に残った品物をどうするか記しておくことで、家族の混乱を避けることができるからです。

-生前整理

Copyright© 生前整理アドバイザー , 2020 All Rights Reserved.