生前整理

終活ノート(エンディングノート)とは?

更新日:

終活の1つ、エンディングノートって一体なに?

遺言書に比べると敷居が低く、手軽に書き込むことができます、市販のエンディングノートを活用するのも便利です。エンディングノートの意味と選び方を説明します。

生前整理

エンディングノートとは

エンディングノートとは、自分の人生の記録や、残したい情報について書き記した冊子のことです。

参考サイト:生前整理はどうして必要なの?

終活の一環として広まっていますが、高齢者だけではなく、若い人の間でも注目され、実際に書いているという人もいます。

残していく家族に情報を伝える、という意味では遺言書と似ていますが、法的効力を持つ遺言書とは違い、エンディングノートには法的効力がありません。

つまり絶対に書いたことが守られるわけではないのです。しかし形式に従って書かなければならない遺言書に比べると敷居が低く、手軽に書き込むことができます。

かかる費用もノート代金くらいで安価です。

エンディングノートは残していく家族が後になって困らないように、という目的で書くことが多いのですが、日常生活の備忘録などとしても活用することができます。

便利なノートを一冊作っておく、というくらいの気軽な気持ちで取り組めることも、多くの人の意識に止まる理由と言えるでしょう。

エンディングノートの選び方

エンディングノートは、遺言書のように決まった形式を満たす必要はなく、自由に自分が書きたいように書くことができます。

筆記用具も自由で、後で付け足したり書き換えたりすることも可能です。家にある新品のノートに書くのもいいですが、市販のエンディングノートを活用するのも便利です。

書くべき項目が予め記されているので、付け足しや書き直しがしやすく、後で誰が見ても分かりやすいノートにすることができます。

参考サイト:生前整理や身辺整理は何歳ぐらいから始めるのがベスト?

終活意識の高まりによって、各メーカーから様々なノートが出ています。おすすめなのはあまり高価なものを選ばない、という点です。

あまりどっしりしたものを買ってしまうと、「人生の集大成」と変に身構えてしまい、なかなか書き始められない、というケースが多いのです。

また書き足していくうちに情報が古くなり、新たに買い直す必要が出てくるかもしれません。気軽に始められるように、手軽なものからスタートしましょう。

-生前整理

Copyright© 生前整理アドバイザー , 2020 All Rights Reserved.