生前整理

生前整理の方法

投稿日:

自分のために行う生前整理のやり方とは

基本的には部屋の片付けと考え方は同じ、必要なものと不必要なものを分別します。そのためにまず、今自分が持っているものをリスト化していきます。生前整理がスムーズにおこなえる方法を紹介します、参考にどうぞ。

生前整理

生前整理は誰のため?

自分の死後、残された人たちの手間を減らすために生前から身の回りのものを片付けておくことを生前整理といいます。

自分の死後の事まで考えてないよ、という人もいるかもしれません。しかし生前整理で今の自分には不要なものを見出し、本当に必要なものだけを手元に残すことで身軽な生活を送ることができるようになります。

家族に対しては自分の死後の負担を減らすために行うものですが、自分に対してはこれからの人生をシンプルに送るための方法として、生前整理を考えてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、具体的にどんなことをすればよいのかわからないという人もいるでしょうから、そのやり方を説明していきます。

参考サイト:生前整理や身辺整理は何歳ぐらいから始めるのがベスト?

それほど難しく考えることはありません。基本的には部屋の片付けと考え方は同じです。ただ、その目的は自分や家族のためという意味合いが強いといえるでしょう。

物に引きずられない生活を送るために

整理のやり方として、まずは今の自分に必要なものと不必要なものを分別します。そのためにまず、今自分が持っているものをリスト化していきます。

これは生活に使うものや嗜好品などにとどまらず、現金や不動産、自動車などの財産も含まれます。これはこの後の必要、不必要の分類に使うと共に、残したものを家族が把握できるようにしておくという意味もあります。

財産はともかく、生活用品や嗜好品は整理のし甲斐があるという人も多いのではないでしょうか。

なにをもって不必要と判断するかは難しいところですが、使っていない実用品などはこれを機に処分するようにしましょう。

もし捨てるのに抵抗がある場合は、リサイクルショップやフリーマーケットで出してみるのも一つの方法です。自分が大切にしていたものを他の人が使ってくれるというのであれば、気持ち的にも処分がしやすくなるのではないでしょうか。

「物」を処分することでそれに煩わされる機会を減らすことができるので、むしろ自分のために生前整理を行ってみてはいかがでしょうか。

参考サイト:終活ノート(エンディングノート)とは?

-生前整理

Copyright© 生前整理アドバイザー , 2020 All Rights Reserved.