生前整理

業者に依頼する際に気を付けたい(3つ)のポイント

投稿日:

生前整理の業者を利用するなら2つのポイントに注意

見積書を提出してもらうのは少なくとも3社以上にお願いして、それぞれの料金を比較します。業者側に生前整理や遺品整理に関する実績があるのかどうか確認しておく。業者に依頼するときのポイントについて説明します。

生前整理

見積もりは複数の業者で比較検討

生前整理を業者に依頼する場合、必ず事前に提出してもらう必要があるのが見積書です。

基本的に見積書の作成は無料で行なってくれるので気軽にお願いできますし、見積書を確認しておけばどのような料金体系で行なわれているのかわかりやすくなります。

ただし1社だけに見積書の提出をお願いしても提示されている金額が相場なのかどうかわかりませんし、料金体系についても良心的なのか悪質なのか判断できません。

そのような状態で依頼してしまうと、後々トラブルに発展してしまう可能性もあります。そのため見積書を提出してもらうのは少なくとも3社以上にお願いして、それぞれの料金を比較してみるのがおすすめです。

参考サイト:生前整理と断捨離 捨てるべきもの、とっておくべきもの

比較できるものがあれば明らかに飛びぬけた数字が出ている業者はおかしいと感じられますし、相場も把握できるのでより安心して依頼できる業者を選定しやすくなります。

遺品整理士がいるなど、プロとしての実績があるかどうか確認する

生前整理の業者は遺品整理と同じく、整理するものに対して正しい知識と対応を身につけたプロフェッショナルが行う必要があります。

故人でなくても整理するものに対して丁寧な対応や取り扱いをしてくれるかどうかは経験や実績の有無が求められていますし、単純に処分するだけではなく仕分けもお願いするのであればやはり専門的な知識を期待する人がほとんどです。

だからこそ、業者側に生前整理や遺品整理に関する実績があるのかどうか確認しておくのは相手を信用できるかどうかを見極めるポイントとして重要となっています。

参考サイト:終活の支援や相談は誰にすればいいの?

さらに専門家としての資格である遺品整理士がいるのかどうかというところは、業者そのものの信頼性やトラブル回避の対策としても確認しておきたいポイントです。

特にこれまで生前整理や遺品整理を経験していない人が依頼するのであれば、整理に関して相談できる遺品整理士の有無はできる限り調べておくのがおすすめされています。

-生前整理

Copyright© 生前整理アドバイザー , 2020 All Rights Reserved.